重陽の節句

朝夕日毎に涼しくなり、秋の訪れを感じる毎日でございます。

どうもリブロムの秋も食欲の止まらない料理長です。

皆様、重陽の節句とはご存知でしょうか?

9月9日は五節句の1つである『重陽の節句』です。『菊の節句』とも呼ばれ、菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べたりして無病息災や長寿を願います。3月3日の「桃の節句」や5月5日の「端午の節句」などは皆様ご存知だと思います。あまり馴染みのない『重陽の節句』ですが、旧歴を使用していた頃までは五節句を締めくくる最後の行事として盛んに行われていました。

『重陽の節句』に何故、菊酒を嗜むかと言いますと、重陽の節句は平安時代に中国から伝わりました。古来中国では、奇数は縁起良い「陽数」、偶数は縁起の悪い「陰数」と考えられ、陽数の最大値【9】が重なる9月9日を『重陽』と呼び、節句の一つとしました。旧暦の9月9日は、現在の10月中旬頃にあたり、まさに菊が美しく咲く時期です。菊は『仙境に咲く霊薬』として、邪気を払い長寿の効能があると信じられていました。

 

~菊酒の作り方~

蒸した菊の花びらを器に入れ、冷酒を注ぎ一晩置く

(一晩置くことで香りをじっくりだす)

 

皆様も是非簡単ですので菊酒を仕込んで秋の味覚をお楽しみください。

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on products and special promotions.