飛ばす

醸造所

街中醸造所

「日本酒文化をもっと身近に」をコンセプトに、若い世代にも親しみ愛される日本酒を造りたい。そんな想いから、LIBROMは福岡県天神からすぐ近くの高砂でお酒造りをしています。従来の酒造りは、自然豊かな土壌から流れ出る湧き水や井戸水など、その地にあった酒造りが行われてきました。しかし、様々な技術の発達した現代では、街中でも美味しいお酒造りをすることができる!と信じ、酒蔵での修行で得た経験と街中醸造所ならではの新しい手法を取り入れ、新しいクラフトサケに挑戦しています。

醸造所と併設でPUBを設けており、お酒造りをする姿を目の前に、新鮮なお酒とおつまみが楽しめます。普段馴染みのない酒造りの様子や蔵人たちとの会話を通して、日本酒に関心のなかった方々にも、身近に感じてもらえる存在になれたらと思っています。

お店

新しいクラフトサケ

LIBROMが作るお酒は、並行複発酵という複雑な醸造過程を経て造られる伝統的な技術は守りつつ、副原料を加えることで様々な味わいを表現できる新しいクラフトサケです。その時の旬なモノを副原料にした季節酒やフルーツのお酒、スパークリングなど、試作と改良を重ねながら美味しいお酒を追求しています。

商品を見る

こだわり

LIBROMの酒造りでは、九州の原料、特に福岡県産にこだわっています。並行複発酵という複雑な醸造過程を経て造られる伝統的な技術は守りつつ、副原料を加えることで様々な味わいを表現できる新しいクラフトサケです。

お酒造りに重要な水ですが、LIBROMは福岡市の水道水をフィルターに通し、仕込み水として使用しております。浄水技術の発達した現代では水道水でも十分すぎるほどに綺麗で安全です。

副原料

LIBROMの造るお酒は醸造過程に副原料としてエディブルフラワーや果物を添加し、 一緒に発酵させる製法をとっています。副原料に合わせて製造方法を変え、副原料の個性は主張しすぎず、キレイなバランスのある酒質を目指しています。

お酒造りで最も重要な麹造り。麹室は、最大引き込み量10kgと極小です。お酒の種類に合わせて温度管理を変え、黄麹だけでなく、白麹も使用しております。コンパクトな麹室ならではの利点を生かして、一粒一粒丁寧に麹を造っております。

LIBROMの語源

LIBERTA(自由)とROMANZO(ロマン)の2つのイタリア語を組み合わせた造語です。代表の柳生と醸造責任者の穴見の2人の好きな言葉から生まれました。

"brew freely, be romantic"

LIBROMの掲げる酒造りのモットー

自由な醸造スタイルで酒造りにロマンを

クラフトサケの無限大の可能性を信じLIBROMは常に美味しいお酒造りへ挑戦し続けます。

閉じる

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

あなたは20歳以上ですか?

お客様のカート

カート内に商品がありません。
買い物をする