蔵人

LIBROM代表 柳生光人

LIBROM代表:柳生光人

 

小さい頃からサッカー一筋で生きてきて、ヨーロッパは私の憧れでした。特にイタリアは街並み、文化、芸術などで大好きな国でした。海外に留学経験があり、その際に日本文化の素晴らしさ、日本人としてのアイデンテティを再認識し、将来はの好きなイタリアで日本文化を発信できるような仕事がしたいと強く思うようになりました。思案して中で、イタリアはヨーロッパ1の米どころであることがわかり、イタリアで日本酒を作ろう!と思ったのが日本酒業界に入ったきっかけでした。

大学4年の後期、教授を説得しアパートを引き払い、山口県の新谷酒造に3ヶ月間の見習い修行をし、大学卒業後そのまま新谷酒造に就職しました。お酒の飲めなかった私でしたが自分の携わったお酒を口にしたときの感動は今でも忘れません。国のお酒である日本酒の歴史や、先人から受け継がれてきた伝統技術、学べば学ぶほど日本酒の奥深さ、面白さ、そして美味しさに惚れ込みました。1年間新谷酒造で働き、その後、「酒造りの神様」と称される能登杜氏の農口尚彦杜氏の下で3年間従事し、3年目には麹造りの主任までさせて頂きました。

イタリアで日本酒を作るという夢を実現するために、まず地元福岡で、多くの人に日本酒文化にもっと興味を持って欲しい、もっと身近に感じて欲しい!という想いから、福岡の中でもハイセンスな街として人気のある薬院にLIBROM Craft Sake Breweryを設立しました!私たちの造るお酒は厳密には日本酒ではありませんが、日本酒の入り口として日本酒文化のさらなる発展に貢献していきたいと思っています!

 

 

醸造責任者 穴見峻平

醸造責任者:穴見峻平

僕は高校卒業後ドイツで3年間サッカーをしていて小さい頃からの夢だったプロサッカー選手の夢を諦め帰国。サッカー一筋で生きてきたので先が真っ暗だった時に連絡したのが中学の同級生である柳生でした。

一足先に酒造りを始めていて将来はイタリアで日本酒を造るという大きな夢を持っていたので、その情熱に感化され、僕も柳生と一緒に夢を追いかけたいと思い広島に酒造りの修行に行きました。その後は新潟の阿部酒造で3年間修行をしました。2、3滴で酔っぱらうほどの下戸ですが酒造りに人生を捧げたいと思うほど酒造りは楽しく情熱を注げられる仕事です。普段なかなか接することのできない蔵人とお酒とおつまみを楽しみながら会話をすることが出来るのも、LIBROMならではの魅力だと自負しています。ぜひお店へお越しいただき、お声がけいただけたらと思います!

 

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on products and special promotions.